全てのライフステージで

最高のパフォーマンスを

大牟田本院:大牟田市橘1365       

     電話   0944-58-1230      

下山門分院: 福岡市西区下山門1-13-13  

       電話   092-894-6777      

医師紹介

理事長・大牟田本院 院長

理事長 本院院長あいさつ

医師紹介|医療法人 橘仁心会 たちばなクリニック|福岡県大牟田市橘|内科・循環器科・呼吸器科・小児科

全てのライフステージで、最高のパフォーマンスを発揮できるよう、

皆様の健康づくりをお手伝い致します。

心身共に安らぐ場所となるべく、医療を通じて地域に貢献します。

誠心誠意、丁寧な分かりやすい診療に努めます。

循環器科専門医、総合内科専門医として、最新のエビデンスに基づいた治療をご提案します。

あらゆる疾患へ対応し、最新の知見を融合した最善の医療に努めます。

近隣の専門医との連携を取り、画像検査や入院が必要な場合にも、

地域医療ネットワークを活用して対応致します。

健康診断、予防接種、コロナウイルス関連相談等もお受けします。

些細なことでもご相談下さい。

「た」の旗を掲げ、患者さんを悩ます鬼退治に全力を尽くします。



医療法人橘仁心会理事長・大牟田本院院長 山下 卓郎

所属学会・専門医情報

  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 心臓リハビリテーション学会指導医

院長最終学位

  • 熊本大学大学院博士(甲)

経歴

  • 1999年
    佐賀医科大学医学部卒業
    熊本大学循環器内科医局所属
    熊本大学病院、熊本赤十字病院、熊本労災病院、熊本中央病院勤務
  • 2003年~
    福岡徳洲会病院循環器科4年間勤務 (循環器急性期医療、カテーテル治療の研鑽を積む)
  • 2009年~
    大牟田天領病院循環器科にて部長として6年間勤務
    (当時インターベンション学会専門医を有し、心筋梗塞や狭心症、閉塞性動脈硬化症、頚動脈狭窄症の血管内治療を始めとして、地域医療に根を下ろす。)
  • 循環器専門医、及び総合内科専門医の資格を有し、2015年~松永クリニック院長就任
  • 2018年
    たちばなクリニックへ名称変更し、現在に至る

たちばなクリニック下山門 医師紹介

院長あいさつ 永田 武士

医師紹介|医療法人 橘仁心会 たちばなクリニック|福岡県大牟田市橘|内科・循環器科・呼吸器科・小児科

‘’Beside You’’ 患者さんの立場に立ち、寄り添い、共に歩んでいく。私の診療の原点としている言葉です。そして、医療を「提供」するのではなく、「構築」していきたいと思っています。

私はこれまで循環器内科を専門として、心筋梗塞など急性期疾患の診療に携わってきました。昼夜を問わずカテーテル治療を主とした救命救急に没頭する毎日でした。ある日、我が子(当時2歳)がテーブルの角で目の近くの皮膚を切ってしまい、どう対処すべきかわからないということがありました。その時に思いました。循環器内科に限らず、幅広く診るオールラウンドな医師になりたいと。今も子供の当時の傷を見ると苦い思い出が甦ります。それから救急科で研鑽を積み、内科外科問わず、小児から高齢者まで幅広く診療にあたってきました。救急科での経験はとても有意義なものでしたが、同時に救急医療における社会問題の一端を垣間見るきっかけにもなりました。特に感じたのが小児医療と高齢者医療の在り方です。小児の救急搬送は30分以上かけて遠方から来院するケースも多く、小児の救急医療が不足している現状を目の当たりにしました。また、高齢者医療においては施設から救急搬送される症例も多く、ホームドクターの重要性を感じました。ホームドクターとは、健康面に関して何でも相談できる「かかりつけ医」のことです。あらゆる疾患について対応でき、患者さんに寄り添った理想の医療を志します。
救急時は大学病院や専門病院への橋渡し役として迅速に対応致します。

多くの救急疾患に対応してきた経験を基に、このたび下山門に開院することになりました。

冒頭の言葉に戻りますが、これから地域の方々と共に医療を構築していくことを誓います。


院長 永田 武士(たけし)

所属学会・専門医情報

  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医

経歴

  • 2004年
    大分大学医学部卒業
  • 2004年~2006年
    福岡徳洲会病院初期研修医
  • 2006年~2014年
    福岡徳洲会病院循環器内科医員
  • 2014年~2016年
    福岡徳洲会病院循環器内科医長
  • 2016年~2021年
    福岡徳洲会病院救急科医長